長崎 ☆ 軍艦島編

日本で一番行ってみたかった場所、「軍艦島(端島)」。
無事に上陸できました~。
当日は暑くもなく・寒くもなく・風もほとんどなく、
軍艦島観光には最高の天候でした。
気象条件で上陸できない場合も結構あると聞いていたので、
間近で見られてよかった・・・。
実際の 「軍艦島」 はそれはもう、迫力がありました。


私はもともと、コンビナートや工場のパイプの塊などを見るのが好きです。
こういうものが好きな人は大抵、廃墟も好きなようなのですが、
私は廃墟はちょっと苦手なんです。怖くて。
でも、「廃墟の王様」 とも言われる軍艦島が何故こんなにも
気になっていたかというと・・・
そこに、人々の生活があった事が確かに分かるというか・・・
怖さよりもノスタルジックさを強く感じるのです。
なにより、廃墟の街が海に浮かんでいるなんて、凄い

軍艦島の詳しい情報は、こちら(Wikipedia)でどうぞ。


私の撮ってきたコンデジ画像では軍艦島の迫力があまり伝わりませんが、
何枚かを・・・少しでも雰囲気が伝われば幸いです☆

  * 今回は画像をクリックすると少し大きくなります。


長崎港からこの船で向かいました。

画像

軍艦島に上陸するには、上陸ツアーで行かなければなりません。
ガイドさんが、島での労働・暮らしや建物について詳しく解説してくれます。


船に乗って見えてくる軍艦島は、まるで要塞のように見えます。
船が結構揺れるので、なかなか写真が上手く撮れません
全体の写真が撮れませんでした・・・。

画像


画像


画像



上陸。
なんともいえない、不思議で圧巻な風景が広がります。

画像


画像



見晴らしの良い高台のアパートは、
幹部職の住居だそうです。

画像


画像



見学者が立ち入れる場所はほんのわずかです。
なので見られる範囲も限られますが、
それでもこの島の特殊な雰囲気は感じられます。

画像


学校。

画像



時間とともに建物の崩壊が進んでいるので、
近いうちに崩れ去る建物もあるかもしれませんね。
台風時の高波とか、凄いらしいです

画像


画像


画像


画像



上陸時間60分があっという間でした。
上陸できて、本当に嬉しかったです。
いつかまた訪れてみたいなぁ・・・。

この記事へのコメント

長月
2014年06月21日 13:43
こんにちは。

6月から9月の夏季は、天候により
上陸率が低いみたいですが、
無事に軍艦島に上陸できてよかったですね。
写真もすごくいいです。
迫力が伝わってきて自分も行きたくなりました


雛月ありあ
2014年06月21日 23:01
☆ 長月さん ☆
長月さん、こんばんは。(^^)

長崎旅行の一番の目的がこの軍艦島上陸だったので、無事に行くことができて本当に良かったです。
平日だった為、ツアーも少人数でしたので
ゆったり観て、写真撮影ができました。

崩壊が進む前に、是非機会があったら行ってみてください~。軍艦島までの船旅も、イージス艦や造船所?・長崎の島々が眺められてなかなか良かったです。

この記事へのトラックバック