ビブラートの続き

しばらくはビブラートを頑張る と決意してから、
ゆるゆる練習しています。


先日のレッスンの時、先生がビブラートのコツみたいなものを
少し教えてくださいました。
私はやっぱりどうしても力が入ってしまうみたいで・・・。

ビブラートもどきを付けてある音を出していた時、
先生が、 「こんな感じで揺らすのよ」 と
私の掌をゆらゆらと揺らして、サポートしてくださいました。

そうしたら
全然異質な音に変わったのです。
これが、同じバイオリンの同じ音ですか
という位に質の違う音に。
パーンとした、広がるようなクリアな明るい音。

先生 「全然音が違うでしょう?

はい。全然違いました!
これが本当のビブラートなんだ!! と初めて分かりました。
何を今さら・・・とおっしゃるかもしれませんが、
あの違いを実際に弾いて体感した私には衝撃的だったのです~。


今までは・・・ゆらゆらと音が揺れれば
音が柔らかくなったり、情緒的な雰囲気がでるから
それでいいのかな、と思っていました。
もちろんそういう目的もあると思います。
全くかけないよりも、少しでも揺れれば
響きもわずかに良くなるような気もします。
でも、あの音が出なければ
本当にビブラートをかけているとは言えないのかもしれません。


ますますビブラートをマスターしたくなりました。
だって、ちゃんとしたビブラートをかけたら
あんなに全然違う音が出るのです。
どうせビブラートをかけるのなら
あの音を出さなきゃ ではないですか~!

・・・って、言うだけは簡単だけれど、
私がマスターするまでには相当時間がかかりそうですね。
たぶん、まず音程が正確でないと無理でしょうし・・・。
10% → 30 → 50 → 70 → 90% と、
長期戦で徐々にあの音に近づくのを目標にします☆彡

この記事へのコメント

PLUTO
2016年11月24日 23:27
バイオリンがんばっていますね。
応援してます。
自分もちょっと楽器を買おうか迷っているところです。
雛月ありあ
2016年11月25日 23:05
☆ PLUTOさん ☆
ありがとうございます。
これからも頑張ります。
おばあちゃんになっても、一生練習し続けると思います。(認知症予防に良いらしいので(笑))

楽器の購入を検討されているのですね!
確か、以前楽器演奏をされていらっしゃいましたよね。その楽器でしょうか。(^^)

この記事へのトラックバック