ゴルトベルク変奏曲

この夏は風邪をひいたりと体調の悪い日が多く、
あまり良く眠れない日も続きました・・・。
熱が出たり・喉や頭が痛かったりで
寝苦しくて辛い時は、音楽が頼りです。
落ちつく音楽を流して、じっと目を瞑って眠りに落ちるのを待ちます。

私のお助け音楽は、「エンヤ」 のアルバムいろいろと、
バッハの 『ゴルトベルク変奏曲』 です。
特に、ゴルトベルク変奏曲は最強です

聴き始めたきっかけは、単に実家にCDがあったからなのですが・・・。
なんとなく気に入って、一人暮らしをする時に持ち出しました。
そして、大学生時代のある時に気付いたのです。
真夏に、クーラーの効いた部屋で、
このCDをかけながらするお昼寝は最高に快適 だと・・・。

それ以来、寝苦しい夜にはこの曲を聴くようになって
何度も助けられました。
でも、最後まで聴いたことがほとんどありません。
途中で眠りに落ちちゃうから


こんな感じでずっと、 ”眠れない時にはゴルトベルク変奏曲” って
なんとなく思っていたのですが・・・
2.,3年前に何かを読んで初めて知ったのです。
この曲が実は、不眠症のある貴族の為に作られた曲だということを~!
知った時はビックリ&納得しました。
だって本当に良く眠れちゃうんですもの(少なくとも私は・・・)
オーダーにバッチリと応えた作曲に脱帽です

そんな訳で、眠れないという友人知人には
私はいつもこの曲をおススメしています。(^^)
他の人は眠れない時にどういう音楽を聴くのかな。
ちょっと興味があります♪


ちなみに私の持っているゴルトベルクのCDは
グレン・グールドさん演奏のものです。
もう聴き慣れてしまっているために
他の人の演奏だとどうもしっくりきません・・・。
こういうことって、ありますよね。

他にも、実家にあったチャイコフスキーのヴァイオリンコンチェルトのCDが
ヴァイオリン:ズーカーマンさん & イスラエルフィル のものでした。
昔から数年前まで、チャイコンといえばこのCDしか聴いていなかったので、
私の中ではこの演奏が標準になっています。
ヴァイオリンを習い始めてから
いろいろな人のチャイコンを聴くようになったけれど、
それでもズーカーマンさんの演奏は、私は結構好きな演奏です♪

"ゴルトベルク変奏曲" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント